葬儀って…

今日の某社の新聞広告です。概略を紹介します…

『葬儀って、終わったあとが面倒よね!』
 頼り切っていた主人が亡くなり、葬儀だけでもよくわからないことだらけ。心も身体もどっと疲れてしまって やっと落ち着けるかと思ったら、今度は四十九日法要ですって。
〈中略…お墓の心配事が書かれています〉
 さらには月命日やら一周忌やら…こんな面倒なこと、一体いつまで続くのかしら。
 もう!誰か最初に全部教えておいてちょうだい!

 奥様の『本音』がよく出ている広告ですね…この広告の中のどこにも「悲しい」「寂しい」などの表現は出てきません。まあ、人様の感情にまでこちらがとやかく言う権利は無いですが…。
 
 僧侶としては問題発言かも知れませんが、敢えて申し上げます。
「夫の(妻の)葬儀や法事がメンドくさいなら、一切やらなくて良いですよ!」
 何ならこの部分コピーして、それこそ「メンドくさい親族」に見せつけてやって下さい。正真正銘の坊さんが言ってるんだから、と…もう大丈夫!
 ではお連れ合いの死後が面倒なお方は、今の自分も、身体も心も面倒じゃないですか? メンドくさい…でも、思っても言えないですよね…口に出してしまうと、とんでもないコワイ答えが返ってきそうでしょう?
 自分はメンドくさいのです…この老いた、病多き身体も、幾つになっても腹が立ち、時に無性に寂しくて、誰かと話をしたいけれど聞いてくれる人もない…。面倒でしょう? でも面倒な自分で生きていくしかないのです。誰も自分と代わってくれないですし、自分も変われません。
 面倒な法事はどうでも良いです…面倒な気持ちで法事勤めるなら、まだ勤めない方が精神衛生上よろしいでしょう。
 でも、面倒な自分からは逃げられません。面倒な自分を生きない、止めた、止めとこうか…とかいかないのです。
 そんな面倒な自分に、トコトン付き合い、生きるの面倒だなんて言わせないとおっしゃるお方を仏様と申します。私の人生が心配で仕方ない、だから離れない、見捨てないお方です。
 それこそが、あなたのめんどくさがっているお連れ合いの今の御姿なんですよ。
 このブログご覧になって、ご気分害されましたら、どうかお許し下さいませ。


 
最新記事
過去の記事
11  10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索