問題は根っこでした…

 寺裏のちょっとした地面に名の知れぬ木が生えていました。
 タネが飛んできて(?)そこに生えてしまい、放っておいたら1メートル半を優に超えてしまっていたのです。時々枝は刈っていたのですがで、今日ついに決意をして「根から取り除く」ことにしました。
 幹や枝はそれ程のことはなかったのです…ノコギリ1本で処理出来ました。
 問題は根でした…地下深く、そして横に四方八方へ延びています。
 大きなシャベルは根のために土中に入らず、結局、スコップで少しずつ土を取り除いては、根をノコギリで切るという作業を繰り返して…遂に根の部分を全て掘り起こすことが出来ました。
 これで目出度しのはずだったのですが、木がなくなったことでブロック部分が目に付き、そこでは「ジャノヒゲ」がブロックの継ぎ目部分を壊し拡げてまで繁茂していたのでした。
 これではブロック塀が傷む一方と思い、除去に精を出したのですが、この植物の根はスゴイです。
 さすがに、他の雑草を寄せ付けない(草引き要らず、手間要らずの便利な植栽なのですが…)だけあって、根の強さが半端ではありません。
 直線で20センチメートルほどのブロックのすき間のジャノヒゲをピンセットなどで「ほじくり出す」のに1時間弱掛かりました。
 根の深いこと、強いこと…植物の生命力に驚かされました。
 人間も同じですね…表面(見かけ)だけはちょっと変えたり出来るけれど、根っこは変わりません。私の本質は変わりようがないのです。頑固でジメジメとしていて…何ともなりません。
 名も知らぬ木とジャノヒゲに私の本質を教えてもらいました。おまけにもう筋肉痛が始まっていますから、明日は両腕が上がらない予感です。ついでに自分のひ弱さも教えてもらったことです…とほほ。


最新記事
過去の記事
11  10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索