お参り先で…

 私がお参りに伺った際、私が玄関に入るとすぐに玄関の内鍵をお掛けになるご家庭が複数軒あります。私には少し驚きがあります…「ああ、閉じ込められた!」ということではありません。
 私など、お参り先のご家族からすれば部外者であって、ハッキリ言えば「坊さんである」ということ以外、どこの馬の骨かもわからない存在のハズです。
 にも関わらず、私を招き入れて下さった上で、それ以外のお方の侵入を拒む…私を信用・信頼して下さっておられることを実感するのです。「私なんて、それ程信用出来る存在ではありませんよ。お家の物を盗ったりはしませんが、ただそれだけのことですよ」と申したくなるくらいです。
 でも、それだけ僧侶は無条件で信用されていることに身震いするのです。ああ、この方の思いを裏切ってはならないと緊張するのです。
 内鍵を掛けられた瞬間に私が驚き、緊張するのにはそういう思いがあるのでした…。
 あと、確かにお参りを終えて失礼する時に、私がすぐに玄関の鍵を開けられなくてちょっと困ったりしたことがあるのも事実なのですが…それは蛇足でした…。

最新記事
過去の記事
08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索