蜘蛛の子…

 立春も過ぎたからでしょうか、お風呂でクモの子供を発見しました。 
 といっても、すぐに折りたたみ式の風呂蓋のすき間に入ってしまい、本人は安全だと思っているでしょうが、入浴後 風呂蓋を閉めれば多分挟まれてしまうような場所です。
 ですので、いろいろと工夫して捕らえ、風呂にあるオリヅルランの鉢に移しました。
 これはこれで 人助けならぬ「クモ助け」で、『蜘蛛の糸』のお話しからすれば きっと私の死後に何か恩返しをしてくれるはずと(…しかし、それでは私が地獄に落ちるということを認めることになりますね。それは問題だ)、ちょっと良い気分になっておりました。
 いいえ、そんなことはあるはず無いですね。第一、別にクモを助けたとい言うほどのこともしていないですし…。
 まあ、春になって久しぶりに生き物に出会ったものですから印象に残ったのです。
 これから、多分坊守・娘の大嫌いな「G」という生き物も出てくるのでしょう。「ぎゃ~ お父さん!」という声が蘇ってきてちょっとツライ春ですね…もう花粉も飛び始めたようですし…。
 まあ、虫たちと一緒に私も一生懸命に生きていきます。
最新記事
過去の記事
08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索