電話の中継器

 もんしんと会館は寺から約80メートルほど離れています。会館専用の電話はありません。
 ですので、開館以降はお寺にかかってきた電話を携帯電話に転送していました。
 実は先日 転送開始に使った電話子機を間違えてそのまま会館まで持ってきてしまったのです。
 で、発見しました…なんと、会館内でお寺の電話子機がそのまま通じる。ちゃんと話が出来たのです!
 「おお、これはスゴイ、有り難い」と思いましたが、残念ながら時々電波が届かなくなり圏外の表示となってしまいます。この不安定さではこのままの電話子機使用は難しいと思いました。
 で、思い出したのが電話子機の中継器です。電波を増幅して中継するものです。
 物は試しと早速購入してみました。…数千円の品です。少しでも電波の届きやすい場所へ と頑張って、怖い思いをしながらも脚立で会館内の高い所まで上って取り付けました。
 その結果、若干の不安定さはあるものの何とか使えそうです。
 寺電話が使えるわけはないだろうと端から子機使用など考えていませんでしたが、偶然子機を持っていったことで新たな発見がありました。
 夕方にテストしただけですので、日中はまた使えなくなっているかも…また、後日談をお知らせします。 
最新記事
過去の記事
08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索