テロへの問いかけ…

 昨日のテレビ番組で「バングラデシュの『船の墓場』」を放映していました。
 世界中の廃船がこの港に集められて、解体処理されているのです。バングラデシュ国にとっては重要な産業です。
 ただ、何万トンのタンカーを解体するのは…全部 人力なのです。主要な道具はガスバーナー、荷を引くためのロープくらいでしょうか。
 そしてバーナーで切断した船体の一部(鉄くず)が水しぶき・轟音を立てて浅い海中に落下します。
 作業している人達の格好は「シャツと短パン」だけです。靴を履いていません。手袋もしていません。素肌が露出しています…確かに海での仕事ですし、暑いし、いちいちヘルメット・作業着・安全靴など身に付けていられないのでしょう。『日本では考えられない安全軽視の労働環境』なんだそうです。
 当然、事故は多発しているそうで、ロープなどで手足を切断することは良くあるのだそうです。
 そして、それらを海外メディアが放映したことで、解体業者が非難を浴び、仕事の受注にも差し支えることから、今回 国の許可を取って取材に出掛けたにもかかわらず、業者社長が撮影を認めず、取材陣は足止めされていました。
 まさにそのとき、日本人7人が殺害された首都ダッカでのレストラン襲撃テロ事件が起きたのだそうです。結局 取材は中止、身の危険を感じながら何とか日本に帰国したのだそうです。
 こんな危険な仕事で得られる収入は月9300円程(日給ではありません)なんだそうです。
 取材スタッフが宿泊したのは「最新の超豪華ホテル」です。少なくとも私が京都で宿泊した「A○Aホテル」よりはとても広くて豪華でした。ダッカのレストランも外国人に人気のお店とのこと、即ち高級店なのだと思います。
 …なにかテロが発生した理由が分かったような気がします。
 誰だって、危険な作業をしたくないのです。でもそれしか仕事がないなら、食べるためには命賭けて仕事をするしかありません。
 一方で外国人は金に物を言わせてウマイ物を食い、豪華なホテルに泊まっている…。
 おかしくないか? …テロリストにそう尋ねられて答えられますか?
 それでも暴力は許されないだろ!と、しどろもどろで返答したとします。
 お前ら俺の言うことを聞く耳があるか? 言ったら伝わるか? 事件を起こすこと以外でお前達に何かを伝える方法はあるか?
 そんなテロリストの問いに対して答える術をお持ちですか? 暴力でなく、軍隊でなくて…。


最新記事
過去の記事
08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索