この国の将来…

 「1回の点滴に100万円以上もするガンの新薬があり、それが保険適用された為、近い将来何万人ものガン患者がその薬を使えば医療財政が破綻する」…そんな内容の番組が放映されました。
 ある医師の「75歳以上の患者には、保険適用される薬を制限するべきでは…」という発言が波紋を呼んでいます…「年寄りを見捨てるのか」「金で命をはかるのか」と。
 「年齢制限」「格差」「命の選別」……問題点、課題が山積みです。とても簡単に解決出来ることではありません。
 解決が出来ないから現状維持でしょう。つまり、このままの状態が続くということです。いつまでか…医療財政が破綻するまでです。
 えっ? 良く簡単に言うなあ…とお感じですか。でもそれが一番簡単なのです。分かりやすいです…ある意味平等です。
 自身出身の三重弁で言うなら「しゃ~ないやん」です。
 問題はある…解決法も無くはない…しかし、痛みを伴う…その痛み(負担)がある特定の人々に顕著に押し付けられる…それは良くない…いじれない…変われない…このまま行くところまで行くしかない。
 極めて分かりやすく、真っ当な話ではありませんか。
 誰かを差し置いて、自分だけが幸せになることは許さない、許されない…ならば皆で一緒に結果を引き受けるかしかないんでしょう。
 医療保険というものが、破綻するまで行くのでしょう。医療だけでなく、財政・環境・資源等々も行くところまで行くのだと思います。
 しゃ~ないです…人間だから。他でもない自分達で選んだ道だから、その道行くしかないです。

最新記事
過去の記事
11  10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索