日々の精進…

 雅楽器の龍笛をしつこく続けております。
 いえ、サボっております…するとてきめんです…演奏にすぐ出ます。何より練習が大切ですね…日々の精進ですよね。生活と一緒ですね。
 練習サボるとどうなるか…音が出にくい、小さくなる、無理に音を出そうとする、息が苦しい、音がかすれる…でも音を出そうと口を細くする…少ない息を必死に吹き込む、正しくない高音が出てしまう。もう苦しくて息も絶え絶え…演奏中止。
 これが私のいつものパターンです。…いえ、でした。
 気付いたのです。「諦めが肝心だ」と…。
 『もう、音出ません』と、認めてしまえばよいのです。そしたら、無理に息を吹き込まなくて済みます。すると絶え絶えの息が少し回復する、考えられるようになる…あ、基本に忠実にだ…音は小さめ…でも吹いてる…あ、苦しいがなんとなく復活してきたぞ…で、一応曲の最後まで吹けた。少なくとも途中で止めずに済んだ…こんな感じです。
 どうも息が苦しい時に力んでしまうようですね…いえ、苦しいから余計な力が入ってしまうのかも知れません。
 笛の練習は「日々の精進を怠らない」「苦しい時には、苦しいことを認めて、ムダな力を抜く」が大切なようです。
 あ、これ人生そのものでした…笛は、雅楽は、偉大ですね…。 
最新記事
過去の記事
08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索