浄土真宗は…

 また『ハスノハ』(僧侶へのお悩み相談サイト)の回答について思うことです。
 他宗派の御僧侶方のご回答は「短くて、わかりやすく、有り難い」のです。拝見すると「すごいなあ」と実感致します。
 方や、浄土真宗僧侶の、いえ私の回答は「長くて、読むのが辛く、わかりにくく…結果 有り難くない」のです。一言で言えば私に文才がないのです。多分、本当にそうなんでしょう。
 ただ、一つに他の宗派は他律・自力の教えであると申せます。「人間はこうあるべきで、そのためにはこういうことをして、こう生きなさい」という教えであり、それを師匠から教えてもらえるのです。それを守っていく教えなのです。
 もし各宗派の御教えを曲解していたならお詫び申し上げます。
 浄土真宗は他力の教えです。他力とは「阿弥陀様の御本願のおはたらきを仰いで生きる道」ですが、一言で申せば「阿弥陀様に支えて頂いて、自分で生きること」なのです。
 他力とは実は「自律」の御教えなのです。阿弥陀様が私に代わって何かをして下さるわけではない、こう生きよ、こうせよともおっしゃらない…元々そんなことが出来ない私だと阿弥陀様が見抜いておられるからなのですが…。
 人間は「こうしなさいよ」と指示される方がラクなのです。でも浄土真宗にはそれはありません。だから、自らが自らの人生を生きる浄土真宗の御教えはうそのない・まがい物でない本物・真実であるけれど、その分 大変なのです。
 どうか、その辺 今一度お味わい頂けましたら幸いです。

最新記事
過去の記事
11  10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索