やり手…

 書くべきかどうか迷いましたが…。
 先日、御門徒さんから「住職はやり手だな~」という言葉を聞きました。いつかそういうことを言われるかも知れないと覚悟はしていましたが、いざ言われると…。
 「もんしんと会館」を現在建設中ですが、会館建設の募財を行っていません。
 「懇志を集めないで会館を建てるとは…やり手やの~」とおっしゃったのだと思います。
 確かに募財は致しておりません。でも私は住職の仕事しかしておりません。「他の職種で稼いだお金を使って…」とか、または「投資によって資産を増やし…」ということであれば、やり手の称号も有り難く聞こえるのかも知れませんが、そういった事はやっていないのです。だから住職は決して「やり手」ではありません。
 結局、募財はしなくとも、もんしんと会館建設の費用は基本的に御門徒からの御布施に依るものです。募財も御布施も結局は同じことなのです。
 だから賞賛されるとすれば、御門徒お一人お一人なのです。
 もちろん、御布施に依るのだからこそ 御布施の遣い方として正しいのか、賛同を得ているのか…等の問いに対しては言葉に詰まります。
 とにかく、「出来て良かった」「あって良かった」「また来よう」と思って頂ける会館にしていきたいと思います。
 ただ、勝手ながらその為には御門徒の皆様のご協力が不可欠です。 
 どうか、寺の為ということでなくて結構ですので、「もんしんと会館の為」「自分のため」に会館にお越し下さい。
 皆のお金で建てた会館だからこそ、皆で盛り上げていきましょう。
 どうかよろしくお願い申し上げます(…ここまで書いてきた趣旨からすれば、住職が御門徒に対してこの表現で締めくくるのはどうかとは思うのですが、他に言葉が思い浮かびませんでした)。
最新記事
過去の記事
11  10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索