熊本地震

 熊本・大分では大きな余震は大分減り(このようにブログ書いていて 一旦中断したら、また大分県で震度5強とか…もう、とにかく何とか収まって欲しい!)、新幹線は動き出し、また高速道路も開通したようです。ただ、まだ何万人というお方が避難生活を余儀なくされておられます。
 大変でいらっしゃると思います。と言葉にはしても私自身は避難生活をしたことが無く、そのご苦労も想像だけです。いわゆる他人事にしか過ぎません。言葉が上滑りするばかりです…。申し訳無い…なんて言葉にも意味はありません。
 天災はいつどこにやってくるか分からず、ある意味防ぐことの出来ないものです。防災でなく減災に努めるしかありません。人間は何とも頼りないものです。
 地震が起きたらどうしよう…『起きたら起きた時さ! その時はその時!』と腹を据えているお方もあるかも知れません。しかし、この言葉は「災害に対して十分な準備をしている」自負のあるお方のみ おっしゃることができるのでしょう。
 死についても同じことが申せるかも知れません。『死ぬこと? 考えたって仕方ない。その時はその時!』とおっしゃるならば、やはりそれ死に対して相応の準備が必要だと考えます。
 自分の死の準備出来てますか? どうにも出来そうにありません…コワイし、考えたくもないし、自分の死ぬ準備なんて縁起でもないし…。
 ならばやっぱり阿弥陀仏を頼みとする道しかないようです。自分でちゃんと死んでいける自信がない…そんなあなたが心配だ。そんなあなたの為に浄土・仏のいのちを約束するぞ。どうか安心して仏道を歩んでくれよとおっしゃいます。その御心を有り難く頂戴して生きていきましょう…自らのいのち終えるまで。
 
 
   
最新記事
過去の記事
08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索