損得…

 以前の寺報に「チンパンジー同士は食べ物の交換をすることがあるが、自分が得をするように…との思いは無い」と言うことを書きました。
 このことは私達に「いかに賢い動物であるチンパンジーもやっぱりそんなレベルなんだな」と感じさせます。バカだなあ…と。
 ヒトもチンパンジーも生き物です。動物です。だから、どちらも自分の思うように生きようとします。ただ、チンパンジーは『知能が劣る』ので、自分の方が正しいとは思わないでしょう。
 ヒトは自らの思うように生きたいと思う上に、基本的に自分は正しいと思う行動を取ります。正しい行動をしたのだから、誉められるべき、良い報いがあるべきだと考えます。
 でもヒトの本質は動物。自らの生きたいように生きているだけです。自分もそう、他人もそうです。
 だから正しい行動をとったと思っても、必ず「報われる」とは限りません。
 チンパンジーはヒトと比べて『愚か』でしょうか? 自分が得するようには考えない…それじゃあ交換の結果、自分が損するかも知れないじゃないか…人間はそう考えます。でもだからこそ、相手側も結果としてこちらが得するようなエサの交換を持ちかけてくるかも知れません。
 少なくとも、今紹介したエサの交換でケンカになるのは「チンパンジーよりも賢いはず」のヒトじゃないかと感じるのです。
 しかも、それが高じて殺し合い、戦争になるのはヒトだけです。
 ヒトは本当にチンパンジーより賢くて、勝れているのでしょうか…?
最新記事
過去の記事
08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索