鼻の穴…

 とんでもないタイトルで失礼します。
 先日、一般の人々がジェットコースターに乗って、今感じている不満などを絶叫するTV番組を放映していました。
 実は不満の内容よりも、カメラが顔の下側から取っていたため、皆さんの鼻の穴がとても目立っていて、興味を引きました。
 そして素朴に「鼻の穴は丸いんだ」と感じたのです。
 ハンサム・美人といえば、目はパッチリ、鼻は高くて鼻筋通って…というのが定番ですが、そのとき出場のお方は、割と皆さん鼻の穴が真ん丸だったのです。
 ジェットコースター上での絶叫という、緊張の中で精一杯息を吸わなくてはならない状況ですから、鼻の穴も頑張ったんだと思います。だってどう考えても、鼻の高い…つまり鼻の穴が三角形よりかは、穴が丸い方が空気の通り穴としては通気性?性能?が良いはずです。
 そうだ、鼻の穴は丸い方が性能が良いんだ、機能的なんだと思ったのです。そしてそれは紛れもない事実です。
 鏡で自分の顔、丸い鼻の穴を見て、「そうか、これはこれで機能的で、よく出来た精一杯の形なんだな」と一人納得しました。
 こんなことを書いているうちに平成29年が終わろうとしています。あ~今年はちゃんと生きたと言えるんだろうかと思います。そして来年こそ精一杯生きようと思いました…それだけです…。

承認欲求…?

 先日の御法事での出来事。読経中にお子さんが二度目の焼香をやりたいと駄々をこねていました。
 お母さんはしばらくなだめていらっしゃいましたが、結局お子さんのお声を気にされて本堂を出て玄関に行かれたようでした…私は読経中で何にも出来ませんでした…言い訳がましいのですが。
 この場合、どうしたら良かったのでしょうか。単純にもう一度焼香させてあげればよかったのか。
 でも、そうするともう一回、もう一回となってしまい、キリがないかもしれません。又我慢することを学べないかも知れません。
 やはり焼香は一度だということで、ハッキリ・しっかりと言い聞かせる…これが正しいのでしょう。でも出来ますか?ということです。お子さんが駄々をこねることが、御法事に参加している方の迷惑にならないとは言い切れません。正しくても、その間お子さんが泣き叫ぶようなことになってしまったら…それでも言い聞かせるべきなのか…。
 で、結局どちらでも良いような気がします。「焼香させてあげる」「焼香は遊びではないので二度三度はしないのだと言い聞かせる」 どっちにしても、親御さんが関わるのだからよいのだろうと思うのです。
 一番いけないのは「焼香したい」と子供さんが要求していることを放っておく(無視する)ことだと思います。放っておく行為では自らの承認は満たされず、放っておかれているのが何故なのか分からない…焼香もう一度は良いこと、悪いこと?…お母さんがめんどくさがっているだけ? お子さんには分からないままです。
 子供に関わり続ける…ここが大事だと思います。
 阿弥陀様も私を「一人子」として関わり続けて下さいます。ここが肝心で、ここが有り難いのです。
 あ、ボク、又御法事来て下さいね…又焼香して下さいね…お待ちしていますよ。

垢落とし…

 旧機種に不調が発生し、パソコンの入れ替えを行いました。久しぶりのブログです…。

 会館も開設からもう1年4ヶ月が過ぎました。そうすると当然全てのものが新品でなくなり、少しずつ不具合が出てきます。

 今、格闘しているのがびろうな話しで恐縮ですが、小便器内のカルキ(カルシウム)付着です。会館のトイレは優れもので、自動で定期的に水を流して汚れやつまりを防止してくれます。

 それで安心していたのですが、落とし穴が…つまり、いつも水滴が無くならない状態になっていたのです。そのことでどうも水道水に含まれるカルシウム分が便器内の壁面に付き、真っ白な石のようになってしまったのです。

 私の目の衰えの影響もあって、白い便器内の白い付着物に気がつきませんでした。でもしっかり、ざらざらとくっついてちょっとやそっとでは取れません。

 いろいろと調べて「クエン酸が効く」と知ったので、一晩その水溶液を付けて置いてみたのですが、どうにも…取れたとは言えず です。

 ですので、これからも根気よくコシコシと傷の付かないように擦って落としていきます。

 前にも書きましたが、やはり気付かぬうちに垢がたまるんですね…便器にも、そして我が心にも…。

 磨き続けなくてはいけませんね…心の垢の方は仏法に限ります。

最新記事
過去の記事
04  02  01  12  11  10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索