FC2ブログ

挨拶

 丁重に挨拶する関係がそこにはあります…お坊さん同士です。
 普段の生活ではまずお会いすることのないお坊さんですが、かならずといっていい程お会いするのは火葬場、又葬儀会館です。
 ほぼ全員が見ず知らずのお坊さんですが、会えば「必ず」「丁重に」「すれ違う際にはわざわざ立ち止まって」「それぞれの作法での合掌の姿勢で」挨拶します。
 もう、最初がこちらがびっくりしてしまい、「え、何? どうしたんですか?」という位でしたが、最近慣れました。
 見知らぬ者同士が丁重に挨拶する…本当に素晴らしく、有り難いことです。
 でも、お坊さんが他の人にもそのように丁重に挨拶しているか…他ならぬ私がそのように挨拶をしているか…答えは否です。
 根底に坊さん同士の連帯感、また相手を敬い合うということがあるのだと思います。もっと申せば他を敬うことによって、知らず知らずに自ら敬われることを欲しているのかも知れません。
 坊さん同士の挨拶…美しく、またいろいろと問題提起される事柄なのかなと思います…。
 
 
最新記事
過去の記事
10  09  06  04  02  01  12  11  10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索