急ぎのこと…

 先日お聞きしたことですが、お医者さんは在宅の患者さんを診る為に急ぐ場合、救急車と同じように、自家用車に赤色灯を点けたうえで緊急走行が出来るそうです(赤信号でも停止しないで良くなるのです)。
 坊さんもお葬式など遅れるわけにはいきませんから、そういった優遇措置があればなあと思った時、以前何かで読んだエピソードを思い出しました。
 やはり、お葬式に急いでいたお坊さん、速度違反でパトカーに停車させられ、違反切符をもらったそうです。「いや~、お葬式に遅れるわけにいかないので急いでいたんですよ」と言い訳をしたのですが、お巡りさん曰く「いや~あなたは救急車と違って、(もう間に合わなかった亡くなった方を相手にしているのだから)急ぐ必要はないでしょ」とのことだったそうです。
 まあ、笑い話なのでしょうけれど、確かに坊さんは葬儀の為に緊急走行するほどには急ぐ必要はないのかも知れません(もちろんご葬儀に遅れたら、多くの方に迷惑をお掛けするのは間違いなく、従って早めに出発することは大事です)。
 でも「仏法には、明日と申す事、あるまじく候う。仏法の事は急げ、急げ」と蓮如上人はおっしゃいました。「我が命いつどうなるか分からないもの、だからこそ、仏法に早めに出遇い、命の問題(死ぬこと、そして生きること)を解決しておかなくてはならない」とおっしゃったのです。
 御法事の際などに、「私も住職さんにそのうち御世話にならなきゃいけないから…」と必ず笑いながらおっしゃるお方があります。今の自分は死ぬつもりはないから寺も住職も関係無い。ずっと先に死んだら御経上げてくれとおっしゃっておられるのです。
 私も笑顔で「生きている今、寺の世話になって下さい」と申しつつ、内心泣いております。
 みんな、明日どうなるかなんて分かったもんじゃないのです。いつ死んでも良いような生き方をせねばなりません。それにはどうしたって仏様の教えが必要なのです。
 是非生きている間にお寺にお参り下さい。仏法に出遇って下さい。

ウィンカー…

 車検の為、代車を借りましたら最新の車でした。
 これはラッキーと思い、乗り込んですぐディーラーを右折で出ようとしてウィンカーを出しましたが、あれ? カチッとした感覚がない。タッチ式のような感じです。もう一度押しましたら、今度はウィンカーが消えました。あれれ? 何だろう、この感覚? 次の右折では やはりウィンカーを出したものの、数秒で自動で切れてしまいました。又押すも数秒で切れる…。
 なぜなんだ? 結局ウインカーレバーを片手で押さえながらハンドルを回すというヘンな操作で右折してしまいました。
 代車と言うことで、結局車を返す時にしか乗らなかった為、ウィンカーのちゃんとした操作方法はよくわからず終いでした。
 もちろんタッチ式で、ソフトな操作感を狙っているのは分かります。
 ただ、初めて乗った人間が焦るような操作の変更はどうなのかなあと思いました。本来はきちんと説明を受けてから乗り込むのでしょうが、それは貸す方も乗り込む私も面倒臭いことです。
 操作はやはり共通にして欲しいと思うのです…安全の為にも…初めてでも安心して乗れるように…。

思いつきで…

 弘教寺にはフェイスブックもあります…たまにご覧になって下さいませ。
 以前から体力の衰えを実感しておりました。強い冷え性、寺の階段でつまずく(足が上がりきっていない証拠)、吊革につかまっている時 電車の揺れで周囲の人以上にふらつく等々、このままでいいんだろうかと考えてしまっていました。
 そこで、前から家にあったもので体力アップを図ることにしたのです。まずはハンドグリップ(握力を鍛えるものです)…ヒマを見ては握るようにしています。最初はグリップを最後まで握りしめることが出来なくなっていて、筋肉の弱り方にある意味衝撃を受けたのですが、割とすぐに回復して握れるようになりました。
 そして縄跳び。娘の小学時代のものを借用して飛んでいますが、やはり最初は20~30回も飛ぶと止まってしまっていた(足が上がりきっていない)のですが、やはり数日で100回を超えて飛べるようになりました。
 運動に効果はあるのです。もちろん自分にあったトレーニングとかやり方があると思いますので、思ったことをあまり無理せず始めるのがよいのでしょう。
 問題は続けられるかどうかですね…止めると「ああ、やっぱり自分は続かない。ダメなんだ…」になってしまいがちですので。
 その意味では本当に簡単で楽なことから始めるのがよいのだと思います。
 ホントに人間とは単純なもので、ちょっとでも効果があるとすごく嬉しくなるのです。別に運動能力テストがあるわけでなく、人との競争でもありません。
 ライバルは自分…そしてそのライバルと楽しく競いましょう。
 仏法も詰まるところ、問題になるのは全部自分なのですから…。 
最新記事
過去の記事
10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索