車の要給油!表示…

 元副住職(乗り手は居ないのですが、将来のために保管しています)の車に乗り始めて、初めてエンプティマーク(ガソリンが残り少ないですよ!)が出現しました。
 『ガソリンスタンド』マークの液晶がかなり早く点滅し、最初はかなり驚きました。で、また困ったのが、これからお参りに行くところで帰ってからでないと給油出来ないという状態だったことです。
 さらにそれ以上に恐ろしかったのは、その前に坊守が運転しており「いつ このマークが出現したのかわからない」という事実です。今さっきかも知れませんし、気付かずにそれなりの距離を乗っていたのかわかりません。…針式ですと、「針はまだ下限まで余裕がある」などとわかるのですが、液晶表示ですのでその目安もありません。
 実はおっかなびっくり、そうっと出来るだけ静かにゆっくり運転してガソリンスタンドに無事到着…安堵です。で、給油しましたら計算上は後6リットル残っていました。まだ100㎞は走れそうな残量です。
 こわいのは今どういう状態かわからないということ。これはガソリン残量だけでなく、自分の人生でも言えることです。このメーターに当たるのが阿弥陀様…、そんな気がしています。

身の不安…

 最近、手持ち無沙汰(いわゆるヒマを感じる状態)になると不安を感じます。
 元々、性格上 何かしていないと落ち着かないのですが、それを「貧乏性」というのだろうと割り切っていました。
 しかし、どうもそんな単純な理由でないことに気付きました。
 忙しさを好むとは…仕事がある…人から仕事を任されている…頼られている、役に立っている…。
 それを実感したいのだと思うのです。人に頼られる…時に面倒を感じることもあります。人間だから他にやるべきことがたくさんあったり、自分の体調が優れなかったりで…。
 でも、やっぱりヒマを感じるよりは忙しさに文句を言っている方が私には合っているようです。
 休みたい気持ちもあって矛盾してますが、でもやっぱりこれからも多忙な住職でありたいのです。
 多分見栄でしょうね…私 「三重」県生まれですし…すみません…。

見えないもの…

 ちょっとした好奇心?で、自分の歯の裏を覗いてみました。
 以前も見たことがあったのですが、あまりに○○でしたので見るのを止めて、それ以降は見えやすい前歯だけでなく、奥歯も、歯の裏側も出来るだけ丁寧に磨いてきたつもりです。
 で、今日、例の小さな柄付きの丸い鏡で覗いてみたのです。口内は暗いですし、歯医者さんのようにはよく見えませんが、それでも「ああ、まだだ…」という感想には至りました。
 やはり普段見えないところはなかなか綺麗に出来ないようです。これかも念入りに歯磨きするしかないようですね…。
 自分の心も、自分で良くわかっているようでわかってないんですよね。見えていないんです。
 そんな心を綺麗にするのは、綺麗を保つのは至難の業です。
 せめて、仏様に自分の心見せてもらいましょう。仏法という鏡を使って初めて、我が心が見えてきます。
 …見たくないですか? いや、見といた方が良いですよ。自分の為に、これからの自分の人生の為に。
最新記事
過去の記事
10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索