右顔面麻痺のその後…

 顔面麻痺の症状に気付いてから、ちょうど1週間経ち、少し良くなってきたようです。
 何せ、顔の強ばりを感じることが出来るようになってきました…麻痺していると、顔面がヘンだということすら感じることが出来ません。今は頬(ほほ)や瞼(まぶた)のぴくぴくとしたけいれんを感じることがあり、これまででしたら当然不快なことだったのですが、今では感覚が戻りつつある証拠だと嬉しく感じています。
 薬や体調にいろいろと気を遣ってくれる坊守には感謝しています…。
 でも、これも症状が良くなる傾向にあると自分の判断あってのことです。「良くなってきてる…うれしいな…アリガトね…」 これが現在の私の、坊守への感謝の気持ちです。
 しかしながら、全く快癒・治療の見込みもない、将来の展望も描けない状態で、坊守に同じように接してもらった時に感謝の感情が湧いてくるかと言われると、全く自信がありません。
 多分、今は別に坊守に感謝などしていないのです…自分が気持ちよいから嬉しいから、感謝の感情と似たような気持ちになり、口から適当に感謝の言葉を言ってるに過ぎないのです。
 人間の真価は、本当の極限にて現れるようです。どうにもならない私のようです。阿弥陀様お見通しのそのまんまの私のようです。

病気になって…

 風邪だと判断して、出来るだけ身体を休めるようにしていました…発熱や咳、下痢なども大したことはなくこのまま治っていくだろうと思っていたら…
 確かに頭痛はあったのですが、しかも右側だけに…結局 顔の強ばりを感じて、ついに坊守に指摘されたのは「まばたきばかりしてるけど、右目全然閉じてない!」…おお、鏡を見てみると右目は力を入れても閉じることが出来ず、唇も右側は下がったまま よだれをすすらなくてはならず、鼻まで左右の形が違っている…右顔面が無表情になっていました。
 右顔面麻痺です。
 翌日近くの内科に参りましたら、3分程の診療で、「三叉神経にウィルスの影響が出ているかも知れません。大学病院への紹介状書きます」で、薬も処方されずに終了。
 で、その翌日大学病院へ行きましたら「確かにウィルスが三叉神経に悪さをしているようですね…お薬を飲んで治療しましょう」とのお言葉です。ステロイド(副腎皮質ホルモン)が処方され、他にもいろいろもらってきました…薬の自己負担だけで8千円を超えたのは自分の治療史上最高かも知れません(未だ骨折も入院もしたことがないのです)。
 早ければ1週間位で麻痺も治まるでしょうの医師の言葉が有り難く、うれしいことでした。
 しかし、薬もこれだけ出ますと、毎日3回分に分けるだけでも大変です。元気な時ならいざ知らず、利き目の片目が閉じずで乾いてしまい、物がぼやけてしまう状況では細かい解説書なんて読む元気すらありません。
 坊守が分けてくれました…本当に感謝しています。(多量の薬の分類に困っておられるお方も多いと思います…こういったことお寺でお手伝い出来ないものでしょうか。命に関わることですので簡単には引き受けてはいけないと思うのですが、それにしても複雑な分類には本当に閉口します)
 目が閉じなくなってまぶたに感謝し、口元から汁物を垂れ流しながら食事をして、普段の食事の際の口の動きの複雑さに感動します。
 有り難いことです…これが気付きですね…仏教そのものです。病が私に御催促してくれました。
 

『プリンター』顛末記

 普段使用していたプリンターがついに動作を停止しました…「廃インク吸収パッドが限界となりました」という表示と共に。
 プリンターを使っているとインクのノズルが汚れていきます。そしてそれをきれいにする時に自動的にインクを使うそうで、その結果産まれた廃インクというものはパッド(綿みたいなもの?)に吸収しているのだそうです。
 プリンターはもう4年程使いましたので、まあ仕方ないとは思うのですが、実は廃インク排出が最近増えていたのは事実です。以前ここに書いたことがありますが、「社外品の格安インク」を使っていた為、ときどき本当にかすれなどで印刷に困ることがありました。インクを交換したばかりで、まだ十分中に入っている表示はあってもきれいに印刷出来ないなどの症状はあったのです。その時にはついつい「ノズルクリーン」(つまり洗浄…廃インクを排出)を何度も行いました…それで印刷出来るようになるのです。インクは100円もしないから、まあ良いかと…。
 じつは吸収パッドについては少し前から「そのうちプリンターが停止しますよ」といった表示は出ていました。しかし、まだ使える…ただいきなり止まっても困る。で、どうしたか…思い切って同じプリンターを買っていたのです。万一急きょの印刷があっては困ると…。
 そして、間もなくプリンター動作停止…メーカーに修理に出しました。結果、吸収パッド交換とロ-ラー摩耗の診断で、直してもらうかしかなく修理を承諾しました。
 そして、調子良くなって返って来たのですが、実際テストしてみたら、印字不良です。なにせ社外品インク使っていますからね。文句は言えません。プリンターの動作チェックは「純正インクを用いて、このプリンターで印刷しました」という綺麗な印字結果添付で、間違いなく直ったことは確かなのです。
 で、なんだかんだで純正インクを購入することにしました…4色セット インクカートリッジ5本入りを2セット。
 それぞれの金額を紹介します。
 新品プリンター…19,782円(インクカーリッジ1セット入り)
 インクパッド等修理代金…13,057円
 純正インク(2セット)…11,248円 全て送料・税込み金額
 安い社外品インクは1セット495円
 もう、なんだかなあって感じです。
  一体何が基準なんでしょうか…なんか、純正インクカートリッジを3回交換したら新しいプリンターに買い換えしても良いような気がします。
 とにかく社外品インクには問題があるようです…でも純正品の10分の1以下の価格です。
 どうぞ自己責任でお使い下さいませ…でもエ○リカ製はどうなんだろう…試してみる価値があるかも知れないな…懲りない私です。
最新記事
過去の記事
10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索