ワケあり法話…

 実はこれまで法話もいろいろと書かせて頂いておりますが、当然 中には「不採用」となった原稿もあったワケです。
 それでは勿体ないので、今回ちょっと「蔵出し」させて頂きます。
『心映す鏡』 
 四捨五入…数字を概数にする際に、一つ下の位の数を見て4以下ならば切り捨てるんですよね。
 私達は生きています。多分明日も命あるのでしょう。絶対とは言わずとも大体は合っています。だから普段は死を意識しません。いえ気付かぬうちに死を無視し続けています。でも死は自分にとって無視出来る程小さいことではなく、多少の誤差だと済ますわけにはいかない事実です。
 数字は四捨五入して丸めることで扱いやすく出来ますが、「人生」は死を捨てること『死捨』によって丸く収めることは出来ません。
 死を見つめることは生を見つめることであり、即ち生きている今の自分と真っ正面から向き合うことです。それは辛く面倒であり、また自分で自分を客観的に見ることは困難です。だからこそ仏法が鏡となって我を映して下さるのです。
 「死捨」はもちろん、「私捨」が出来ない私には、今「悟入」は無理のようです。唯、「掛け値無い」我の姿に出遇えた時に、大体でない本当の人生が始まります。これは間違いない仏法の事実です。

 ちょっと「数学」にこだわりすぎて難しくなり、又内容に無理が生じてしまったようです。
 でも勿体なかったのでお目に掛けて頂きたく…御読み頂いたこと幸いです…有り難うございます。

「思い込み」の典型例

 先日長崎に会葬致した際に泊まったビジネスホテルで、歯磨きを使ったので持ち帰っておりました。
 セコイ…といえばそれまでですが、歯ブラシなどとても一度使って捨てるような低品質の物ではありません。まず持ち手が太くて手に馴染むのです。ウチの洗面台の歯ブラシ収納に詰まってしまう程、今まで買ったどの歯ブラシよりも太いです。そして普通の短毛と先の細い長めの毛の密なる2段植毛です。本当に汚れが良く落ちる感じです。
 今もまだ毎日何回も使って歯磨きしております。お陰で歯と歯茎が健康な感じです…自己評価ですが。
 どうも今まで、ホテルのアメニティグッズというもの(歯ブラシやひげ剃り等)は「付いてくる物」=無料=タダ=只のもの、安かろう悪かろう、その時だけのその場しのぎの品物というイメージだったのです。
 でも、当然の如く、それらを製作している会社も製品の開発向上にしのぎを削っているわけで、日々進化しているんですね。
 ホント、私には思い込みが多いです。もっと素直にならなきゃいけませんね。
 物事を決め付けるのは本当に良くないです。
 実はネットでちょっとそれらの販売価格を見てみましたが、まとめ売りとは言え、よくぞここまで低価格で品質の良い物を作っておられることだと感心しました。
 人間の向上心とはスゴイものです。ちょっと行き過ぎのような気もしますが…。

待ちぼうけ

 娘が高校の夏期講習に出掛けていったのですが、随分と早く帰ってきた為、尋ねてみると『駅からのスクールバスが来なかったので、あきらめて帰ってきた」とのことです。娘からすれば無駄足だったということです。
 学校に問い合わせたところ、確かにバスの配車に手違いがあったようです。
 待ちぼうけで結局帰ってくる…かわいそうといえばその通りです。
 でも、こんなことケータイが普及する前は日常茶飯事でしたよね。何せ一旦家を出たら、お互いが連絡を取るのは至難の業。何で来ないのか?どうしているのか?急病か?怒っているのか?…ありとあらゆることを想像し、結局会えずに帰ってきたことは結構あったような気がします。
 「大きな柱のところで待ち合わせをしたカップルが結局会えずに帰っていった。結局 その理由はお互いが柱の反対側にいたからだった」というような話も聞いたことがあります…今ですと「ネタ」と言うんでしょうね…。
 便利になった分、「まあ良くあること」では無くなっていく。忙(せわ)しいような、不寛容な時代になってしまいましたね。
 ただ、結局は自分達が望んだのですから仕方ないですね。
 明日は明日で頑張ろう…私も…娘も。
最新記事
過去の記事
07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索