刺さったんです。

 私は自分でバリカンで髪を刈ります。完全に剃るのではなく、3ミリという微妙なアタッチメントを装着して、少しだけ髪を残します。これも髪への執着でしょうね。
 で、昨日 髪を刈った後、左手小指の関節部がチクチク痛むのです。その部分をよく見ても傷などありません。で、結論的には、ごく短く刈られた髪が「トゲ」のように刺さったのだろうということです。
 女性や普通髪の男性には驚きではないでしょうか? 髪が刺さるんですよ、ホントです! 以前もありました.その時は皮膚の浅いところに黒く見えたものですから、指でつまんで押し出しました。
 髪はもちろん細いのですが、切断面は割と鋭いのです。今までに髪でなくとも、「紙」で手に切り傷を負った経験は多くの方がお持ちじゃないでしょうか。
 何でも場合や方法で鋭くなるんですよね。人間の能力も、性格も同じかも知れません。また言動も…。
 気をつけないといけませんね…結構何気ない言葉で人を傷付けているんですよね、きっと。傷付けられたことは忘れないんですが、傷付けたことには結構気付いていないものなんでしょうね…人間ですから。いえ、私ですからね…。
 今までの非礼のこと、本当に申し訳ありません。お詫び申し上げます。

歯磨き…

 以前も少し書きましたが、今「歯磨き」に凝っています。
 一日3、4回 しかも1回10分弱程度とはスゴイと思いませんか? なにせ以前はとてもいい加減でしたから…。
 その結果、歯の着色汚れが落ち、そしてなんと歯肉が元気になっています。明らかに以前より「締まり」ました…自分の感覚ですが。
 これは良い感じです。「8020」運動ってご存じですか? 80才になっても自分の歯20本を残そうということだそうです。このままなら達成出来るかも…(もちろん命長らえることが出来ればのお話ですが)と感じでいます。
 歯は磨くのではなく、歯と歯の間にブラシを押し付けてから、横に動かして「汚れを掻き出す」、敢えて言えば…まあ、ほじるという表現がピッタリではないかと思います。これを全部の歯間に行うのですから、大変と言えばそうなのですが、これ割りとすぐに結果が出るものですから嬉しくなって続いているわけです。実際、歯周病になっていた歯肉部分もありましたので多少痛みはありましたが、無理に力を入れずに磨いていたら、本当に痛みも取れてきました。
 高価な歯ブラシも歯磨き剤も必要ありません。今お使いのもので、しかし時間を掛けて丁寧にやってみる…一度試してみて下さい。
 あ、最初から歯磨きで出血されるようなお方は、どうか歯医者さんで相談なさって下さいませ。尚、効果には個人差があります…また自己責任で御願いします。
 でも是非一度チャレンジしてみて下さい。健康は、健康な歯から…間違ってないと思います。
 

地獄の亡者?…

 お陰様で今現在、健康で過ごさせて頂いています。
 現在は私1人でお参りをさせて頂いておりますので、法務員さんがいた今春までに比べれば、特に土日の法務はなかなかキツイものがあります。時間ギリギリであったり、また休息やお昼御飯の時間はなく、お参りから戻ってくると、ヘトヘトになっていたりということもあります。
 でも、お陰様で一晩寝るとかなり回復し、また元気に活動させて頂いております。
 本当に有り難いことです。
 …でも、お叱り覚悟で本音申しますと、実は「あ、この状態は『地獄の亡者』と同じじゃないか…」と感じたのです。
 地獄に落ちた亡者は様々な責め苦に遭い、身を切られ、潰され、焼かれて命を落とすことになります。でも、次の瞬間に一陣の風に舞い上げられた亡者のその身体はまた息を吹き返すのです。そして、又次の責め苦が始まります…終わりはありません。
 おお、これはまさしく今の自分か…休めないのか? 続くのか? 身体がきついぞ…。
 と、愚痴りながらも、こうして何とか健康でいられるのも、不思議としかいいようがありません。世には健康に過ごしたい方ばかりで、しかしそうはならずに苦しんでおられるというのに、なんと贅沢な愚痴でしょうか。
 今のこの身をそのまま有り難く受け止め、生きていく。どうあってもそれしか自分の生きる道は無いようです。そう御仏が教えて下さいますし、だからこそ この苦悩の我が人生を御一緒に歩んで下さるのです。  
最新記事
過去の記事
10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索