大ピンチ! でした…

 先日のこと、寺報発送のため封筒に門徒さんの宛名を印刷しておりましたら、「インクが無くなりました」の表示が出ました。いえ、もちろん用心深い私は買い置きのプリンターインクがありましたので慌てずに交換作業へ…と思いましたら、今度は「プリンターインクが認識出来ません」の表示が出てしまったのです。
 するとどのインクを交換すべきなのかも表示されず、結局まだ十分あったはずの黒色インクを交換せよとの表示になりました。内心「え~、まだあったはずなのに…」と思いながら、そんなこと機械に抗議しても聞いてくれるワケがないと 聞き分けの良い私はすぐに交換をしたのです。でも焦りがありました、気が動転していたのでしょう。2本同時に交換しなくてはならないインクの、「数回振ってから開封する」という言いつけは守ったものの、「この黄色いテープを剥がして下さい」の言いつけを一本忘れたのです。その結果、インクは充填されたと表示はされるもののテストパターンでは一切黒色が出ない(印刷されない)状態になってしまったのです。
 以前、「一旦 黄色いテープを剥がさずにセットしてしまったら、もうそのインクは使えなくなる」ということをどこかで読んだ記憶があり、「ああ~」と頭を抱えたのですが、さすがに予備の予備までの準備の無かったうっかり者(まあ、普通ですよね)の私は、仕方なくセットしたインクを一度外して黄色いテープを剥がしてから又セットしたのです。…しかも機械にばれにくいように、その作業を素早く行いました…多分そんなこと全く意味はないとは思いますが…。
 で、その結果、ドキドキしながらテスト印刷をしたら…なんとちゃんと黒色インクが出たのです。ちゃんと印刷出来たのです。ああ良かった…ホントにほっとしました。
 そもそも、今回の事件?の発端は「プリンターがインクを認識しなかった」ことにあります。ホントにけしからん!怒るよ!……多分 エ○ソンさんが…。
 実はその~…プリンターインクは純正品ではないのです。ええ、ネットで安い代用インクを見つけまして…ええ、何と正規品の10分の1以下位の(正規品の最安値とでの比較ですから、実際はもっと安いです)価格だったものでつい購入してしまったのです。
 もちろん代用品をプリンターに最初セットする際には、ホントに緊張しました。ネット上には「認識されなかった」「印字出来ない」「色がヘン」「もう二度と使わない」など、ありとあらゆる不具合情報が流布されていますから…。
 しかも、一点大切なこと申し上げておきます。正規品でないインクを使った場合は「プリンターの修理は受け付けません」とプリンター製造メーカーが明言しています。
 結論的には安い代用インクを使うことは「全て自己責任」です! 
 実際、代用インクは水濡れには全く弱いです。でも…ホント安いです。
 決してお勧めはしません。インク交換であれだけドキドキしましたから…。
 でも本当に安いんだよなあ…一応使えるんだよなあ…安いのに弱いよなあ…ホント自分は。
 自己責任でどうぞ…。

計算合わないです…

 防犯ブザーというモノが、音が途切れてしまうようになり、電池(ボタン電池3個使用)が無くなったのだろうとボタン電池(100円ショップで2個入り2パック)を購入しました。
 で、電池を交換したのですが症状は変わらず…本体の故障のようです。修理に出す程の金額でも無いので新しいのをホームセンター2店で探しましたが、なぜか以前程の品揃えではなく、多機能ですごく高価なものが一種置いてあるだけになっていました。
 これでは大きくて困ると、結局電池を買いに行った100円ショップへ無駄足覚悟で出向くと…ありました! 音量は劣るものの機能的には問題なしです。で、それが3個のボタン電池付きで100円なのです。
 ボタン電池…国産メーカー品です…4個で218円(税込み)、片や、防犯ブザー本体が同様電池3個付きで108円です。
 あれ~計算合わないぞ~。一言で言うと、本体はボタン電池1個位の値打ちしかないと言うことになる…のではなくて、その半額以下? いえ、マイナス?となってしまいます。
 確かに本体は100円ショップの物といった感じで、安っぽく頼りないのですが、一応機能しています。それが電池より安いって…何なのでしょうか…海外生産とか、低賃金とか、そもそも物作りって何なのか考えてしまいました。
 ま、結局安物を選んでしまう私の側が問題なのかも知れません…それにしても驚かされました。

爽やかに!

 本日、歯医者さんに行き、念願の歯のクリーニング(要するに歯垢落としです…食事中のお方にはすみません!)をしてもらいました。
 その結果、おおっ、ぴかっと光りましたよ。歯が綺麗になりました。やはりプロの腕前! 最近 親族の葬儀で久しぶりに会った母・姉にいきなり「歯が汚い。たばこ喫ってるように見える。綺麗にしてもらいなさい!」と言われ(ショックを受け)た甲斐がありました。
 昔は今程 歯を丁寧に、また回数も磨いていなかったのに、歯垢はともかく 着色はそれ程気になりませんでした…なのになぜ今頃に…? 年齢のせい? 実は唾液等に変化があるようなのです…多分減っているんでしょうね…身体、干からびてきてますもんね…昔程瑞々(みずみず)しくないですしね。
 ともかく歯は大切です(…最初は『母大切』と変換されました。その通りでもありますが…)。歯垢除去の目安は「半年間ごと」だそうです。虫歯でなくても、歯を長持ちさせるために、歯医者さんに行きましょう…歯医者さんの為でなく、自分の為です。噛むのは食べること、食べることは生きることです。ホント歯と母は大切ですよ!
最新記事
過去の記事
07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索