「けなげ」パワー!

 「けなげ」という言葉から思い浮かべるのは、「子供など弱い者が懸命に努めるさま」ではないでしょうか。確かに家族で一番歳が若い長女は、他の三人がイラついているときでもぐっと堪え、その場をなんとか丸く収めようと笑顔で対処することが多いのです。自分だって中2の多感な年頃で、友人関係などで悩むこともあるでしょうに…なんと「けなげ」なことかと…。
 でも、「けなげ」を辞書で調べましたら、思っていた意味は2番目で、「健気」の文字の通り、「かいがいしい、いさましい、殊勝」が最初の意味だそうです。
 そう、「けなげ」は弱い者を指す言葉ではなく、パワフルな意味を持っていたんですね。ホント「健気」パワーはスゴイと思います。これからの日本に絶対不可欠の力と言えるのではないでしょうか…。
 娘よ、これからもその健気パワーで、日本を…いや、その前に我が家の数多いビミョーな場面を、危険な状態を救っておくれ。頼んだぞ! いや、なんとか頼みます。ホントに…キミが頼りだ~。
 アイス買ってあげるからさ…よろしくね。

「あるといいな」がある…

 少し前のどこかのスーパーのキャッチフレーズにこんなのがありましたよね。確かにちょっと嬉しくなる言葉ですよね。
 でも、ちょっと言葉変えると大変です…「あるといいな」が『ない』! そして…「ないといいな」が『ある』! どっちもとっても困りますよね…。
 今まさに日本で起こっているのは、困る方のフレーズばかりのような気がします。
 ホント、「あるといいな」がある… か、「ないといいな」がない…世界を希望します。希望じゃダメなんでしょうね…じゃ、自分達で造っていくより他ないんでしょうね…。

今頃になって…

 某新聞の土曜版を読み、一念発起! 「タッチタイピング」にチャレンジしています。そう、キーボードを見ないで入力する方法です。
 これはもう忍耐あるのみですね。なんか『大リーグボール養成ギブス』を装着したような不自由さを味わっています…時間もかかりますし、両腕がもうつりそうです。
 でも頑張ります。自在にタイプ出来る日を夢見て…おお、でもその前にやはり、この う、腕がホントにつりそうです。
 いや、なんとか「小人の星」になるために頑張ります!
最新記事
過去の記事
07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索