「検尿」…

 私にとっては懐かしい響きの言葉ですが、現在も検査はちゃんと行われております…当たり前ですね。子供の検尿の案内を見てツッコミどころがいくつかありましたので、書いてしまいます。
 検尿を忘れた生徒に対して「検査の予備日」が設けられていますが、なんと2ヶ月に渡り計3日間! 予備日としては異常に多いのではないのでしょうか? これだと最初から今度にしようっと、考えてしまいそうです。
 「ふだん何げにしているおしっこが…」(何げに?…何気なくの今風の表現)
 「尿の色は? ・透き通った薄黄色をしていて、白く濁ったりしているときは雑菌が入っていることがあります」(…薄黄色をしています。で 一度文を切った方が良いような…細かいかな)
 「甘ったるい臭いがしたら糖尿が疑えます。」(疑いがあります…ですね)
 「トリ」は「いったんとった尿は8時間位で検査ができない物になります。忘れたからと言って前回の分をそのまま次の回に提出することの無いように!」(マジなんでしょうね…ずっと放っておいた尿を提出する生徒がいるのでしょうね。こりゃイカンぜよ)
 いろいろ細かく書いてすみません。ちょっと印象に残った「お知らせ」だったもので…。

外食…

 久しぶりに家族で外食させて頂きました。といっても小食の私…子供達の好きな「食べ放題」はどうも好きになれません。昨日入ったお店は、なんて言えばよいのか…「ハンバーグやチキンなどの洋風料理メインで、でもパンは食べ放題」なのです。で、私は12才以下限定の「お子様ハンバーグ」を娘(12才10ヶ月…大丈夫かどうか ちゃんと店員さんに確認しましたから)のオーダーで頼み、食べ盛りの娘には大人用の「タンドリーチキン何とか」を私が頼んでやりました。美味しかったし、パンもいろいろな種類を楽しむことが出来て満足したのですが、子供用のハンバーグセットって、「小さめハンバーグ(肉)、少量フライドポテト、少量ご飯、子供フリードリンク、おもちゃ(ミッキーのハンカチに娘喜ぶ)」だけなんですよ…野菜がない、栄養バランスが悪い、これじゃカルシウム不足でキレやすい子供になっちゃうんじゃないの!?と思いつつ、あ、「キレやすいおじさん」になっている自分に気付いたのでした…。

取れました!

 取れた? 何が? 胸のつかえが……なら良かったのですが、残念ながら取れたのは「歯の詰め物」です。食事中に「ガチッ」という音がして、もしやと思ったのですが、昔よくあったご飯の中の小石だろうと思って、ちょっと舌で口内を探したのですが深く考えずにそのまま飲み込んでしまいました。そしてすぐに口の中に違和感が…あ、無い 詰め物が! ああ、遅し…すぐに歯医者さんに予約を入れましたが、一週間後の診察で、それまでは我慢、ガマン。
 実は私は密かに、自分が完治の可能性の低いガン告知を受けたら、一切の治療を遠慮しようと思っています。…でも、歯の詰め物が取れただけでこれだけ動揺しているようでは…無理だな…。最先端医療までカバーの保険とかに入り直すべきでしょうかね、「生きる欲望」って本当に強いものですね…。
最新記事
過去の記事
10  08  07  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索