献血しました…

 ほぼ2年ぶりに400CCの献血が出来ました…私は体重制限(50㎏以下)の為、200CCしか採れない状況で、しかも今時200CC輸血用血液の需要などホント少ないのだそうで、採血の門前払いが続いていたのです。確かに400CCなら1人分の血液で済むのに200CCなら二人分の血液が必要になる…単純に血液由来の感染症にかかる確率が2倍になるということで、患者さんにとってのリスクを考えれば当然なのかも知れません。
 で、筋トレして体重増やしギリギリで400CCの採血が出来ました。倒れたらどうしようとも思いましたが大丈夫でした。
 今時、血液検査結果はネットで見られるのですね…2日ぐらいでメールでの通知が来ました。まあ、血液の各種数値に大した異常もないようでホッとしています。
 これからも献血を続けていこうと思います…その為にも「筋トレ」しなくては!です。

タコ足配線の恐怖

 「電源コードが抜けない」という娘の声を聞いて、プラグを見てみましたら…。
 『あ~ 溶けてる!』…ぞ~っとしました。
 確かにコンセントから延長した先に3口タップを付けて、そこに普段、常時接続していたのが「電気炊飯器」と「電気オーブントースター」です。もうこれだけで同時使用したら容量オーバーです。さらに冬なので実はもう一つ、そう「電気ファンヒーター」を付けていたのです。
 多分同時に三つを最大電力で使用したことはなかったと思いますが、それでもタップ、プラグが確かに溶け始めていて、プラクが抜けませんでした。必死に工具で抜こうとしたら、プラグの2本の差し込み棒のうち一本が外に飛び出てきました。これではダメだと思いました。
 結局、ファンヒーターはプラグ部分を修理して使っています。
 そして、ちょうど次の日にガスファンヒーターが停止しました。以前から異音や停まりかけることなどあったようですが、今朝になって完全に壊れたようです。私が大田区に住んでいた30年ほど前に買った物ですので、さすがに寿命でしょうね…よく今まで頑張ってくれました。感謝です…。
 とにもかくにも、電気製品、機械は注意して使いましょう。一歩間違えれば火災のもとです。私のように「自分はまあまあ電気の知識はあるから大丈夫!」なんて思っている人こそが危ないかも知れません。今一度点検されるなど、どうか注意して下さいませ…。

負けるもんか!

 今日、たまたま市役所支所まで歩いて出掛けたのですが、その際、女子中学生が歩道上を3台の自転車で並進してきました。当然このままなら私にぶつかります。で、どうなったか…私に一番近い側の子が真ん中の子の自転車に寄ってふらふらしながらすれ違いました。三台のうち誰かが前後してすれ違うという考えはなかったようです。いえ、直前まで何も考えていなかったのかも知れません。いや、もしかすると『ぶつかりそうだ。でもこの中で私が下がって、あとの二人の後に着くことはない。そんなことしたら私の負けだ。私は下がらない。このまま進むんだ…』と考えていたかも知れません。
 そして、そのすぐ後で、今度はもう少し狭い舗道上で中年のカップルが歩きで並進してきます。このままでは私にぶつかります。そしてカップルは前後になる…ことは選ばず、そのまま歩いてきて、結局 私が歩道を少し外れて歩いてすれ違いました。…思わず振り返りましたが、そのままカップルは仲良く並んで歩いていました。電柱が立っているところはどう歩くんだろうと思いました。電柱と戦うのか?…とか。
 道を譲る、譲らない…譲ったら負けだ。
 そんな思いが私にあるから、こんな些細なこと覚えているんでしょうね。ここに書いてしまうんですね…私って結局それだけの存在です。
最新記事
過去の記事
03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索