つまらない思いつきですが…

 風呂場で浴槽のお湯は何リットルくらい入っているのか(一般には170~180リットルが標準のようですが…)を考えた時に、あ、自分のかさ(体積)は水にすれば50リットルも無いんだと気付きました。
 え、私はバケツ3杯位の存在なんだと思いました…何? 小さい! 少ない!
 と共に、なにか力が抜けました。こんなバケツ3杯がエラそうなことを言い、考え、動いているんだな…と思ったら、大したこと無さが腑に落ちました。
 地球に比べたら…いえ、ゾウに比べて…いえ、ライオンに…大きめのイヌとだって下手したら…ああ、大したことない存在のわりには、結構でかいツラして生きているなと実感です。
 何ともならないですね…反省も表面だけですし…。
 こんな私を、こんな私だからこそ仏様は放っておけないとおっしゃって下さるんですね…。

蜘蛛の子…

 立春も過ぎたからでしょうか、お風呂でクモの子供を発見しました。 
 といっても、すぐに折りたたみ式の風呂蓋のすき間に入ってしまい、本人は安全だと思っているでしょうが、入浴後 風呂蓋を閉めれば多分挟まれてしまうような場所です。
 ですので、いろいろと工夫して捕らえ、風呂にあるオリヅルランの鉢に移しました。
 これはこれで 人助けならぬ「クモ助け」で、『蜘蛛の糸』のお話しからすれば きっと私の死後に何か恩返しをしてくれるはずと(…しかし、それでは私が地獄に落ちるということを認めることになりますね。それは問題だ)、ちょっと良い気分になっておりました。
 いいえ、そんなことはあるはず無いですね。第一、別にクモを助けたとい言うほどのこともしていないですし…。
 まあ、春になって久しぶりに生き物に出会ったものですから印象に残ったのです。
 これから、多分坊守・娘の大嫌いな「G」という生き物も出てくるのでしょう。「ぎゃ~ お父さん!」という声が蘇ってきてちょっとツライ春ですね…もう花粉も飛び始めたようですし…。
 まあ、虫たちと一緒に私も一生懸命に生きていきます。

わら人形

 先日、わら人形に女性の名を書き、釘を刺した状態で相手方の経営する店の駐車場に放置した男が「脅迫」罪で逮捕されました。
 今時!…という気持ちが私にはどうしても拭えないのですが、やはりあるのですね。
 相手は好意を寄せていた女性で、それ以前にもその女性の車をパンクさせるなど行為があったようです。
 好きが高じて、何とか我が思いを伝えたくて、受け入れさせたくて…ということでしょう。

 相手の心は思うようになりません。それは簡単に理解出来ます…自分は他の誰かの思い通りになるか?動くか?ということです。そんな当たり前の事が理解出来ない…どこまでいっても人間は自分中心に物事を考えるようになっているんですね。
 わら人形に「効果は一切ありません」…ウソだと思ったらどうぞ試してみて下さい。私の名を書いて…と思いましたが、それはもしかすると犯罪を誘発することになるかも知れませんのでお勧めは致しません。
 思いを遂げるには一に努力、二に精進です。で、ダメなら諦めましょう。
 思い悩まれておられることあれば、どうぞお寺(もんしんと会館)にお越し下さい。お待ちしております。

最新記事
過去の記事
02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索