オリンピックが終わりました…

 同時に高校野球も、ちょっと前にお盆参りも終わっていました。このブログも「終わってる」ような状態でした…申し訳ありませんでした。
 オリンピックは過去最多のメダル獲得ということで随分と盛り上がりましたね。私もいろいろと感動の多い大会でした。
 競技にはいろいろな種類があるのですが、マラソン等を除けば、数十秒・数分・数十分で決まってしまうものがたくさんあります。本当に短時間の勝負です…しかもそれで全てが決まってしまいます、今までの4年間の「死ぬ程辛いトレーニング」の成果をそこで発揮出来なければ、空しく敗退してしまうのです。しかも全世界・国民が注目している極度の緊張の中で…。
 本当にオリンピックは大変な舞台です。本当に短い時間で、それだけで勝敗・人生が大きく変わってしまうなんて…私には耐えられない。テレビで見ている方で良かった…。
 でも、本当にそうなんでしょうか? 人生はオリンピックと違って勝負しなくて良いようになっているのでしょうか。
 実際は人生も何分・何時間の積み重ねで成り立っています。いきなり今の自分が出来上がったわけではありません。つまり自分はオリンピック選手ほど大変じゃないとか、そんなに大変じゃイヤだと勝手に決め付け、また駄々をこねているのが私達です。
 実際には人生は大変なもの、大変なことです。皆が「たった一人のオリンピック大会」に出場し続けているようなものです。勝負、決断、失敗、再起の連続です。
 それは大変だろうな、大変だよね…の阿弥陀様です。だから私に寄り添って下さるのです。阿弥陀様はその存在によって、私の人生の本質を、厳しさを教えて下さっているのです。そしてだからこそ、「いつでも我(弥陀)をたのめ」とおっしゃり続けておられるのでした。

裕次郎記念館 閉館へ…

 小樽の石原裕次郎記念館が来夏閉館するそうです。その理由は施設の老朽化なのだそうですが、オープンしたのは平成3年で、25年での閉館決定です。
 え? と思われませんでしたか。当 弘教寺御堂は平成12年で記念館の9年後の竣工となります。え、あと9年で老朽化? 25歳の女性に「あなた老朽化しましたね」とか言ったら張り倒されますね…と、いうより25歳でお歳っていう雰囲気が今の時代ありません。
 この記念館老朽化の原因に海風による塩害があげられていました。また北海道故の雪も施設にとっての負担だったかも知れませんね。
 確かに全てのものは移り変わって止まることはない…諸行無常です。
 弘教寺御堂も、また間もなく完成の弘教寺もんしんと会館も…傷んでいきます。維持管理をしっかりしていかなくてはならないことを実感します。
 そして、だからこそ、大切に活用していきたいですね。皆さんのお寺であり、皆さんの会館です。 
 口で言ってもなかなか伝わりにくいこの事実ですが、だからこそ、そのことを実感出来るお寺・会館にしていきたいと思います。お盆明けて諸準備、9月より稼働の予定です。どうぞお気軽にお立ち寄りくださいませ。

 

久しぶりにお会いしました…

 嬉しい出遇いでした…朝、寺の壁におりましたよ、クワガタ君が…。
 おお、何年ぶりに見たことか…懐かしいです…嬉しいです。ちゃんと写真も撮りましたが、世には昆虫が嫌いなお方が存在し、そのお方からすれば歓迎出来ない夜台所で散歩する例のアレと区別がつかない(例えばウチの坊守・娘)ようなので写真はアップしません。
 とてもアゴが小さかったのでメスだと思いましたが、近くの神社の森まで行って逃がしたあと、もしかしてアゴが極めて小さいオスだったかも知れないなと考えを変えました。私の昆虫経験からすると、メス特有のずんぐり感、腹厚感が足りなかった気がします。
 本当は写真(写りは小さいのですが…)で詳しいお方に判断して頂きたいところですが、そういった事情で写真をご紹介出来ません…残念です。
 もう一度、写真で検討してみます。
 あ、今回のブログの趣旨は 実はまだ自然が残っていたんだという喜びの表現ですので…分かりにくくてすみません。しかし神社の森は、一歩足を踏み入れただけで空気が冷んやりしていました。ああいった森が多ければ38℃とかの気温が測定されることもないんでしょうね…。
最新記事
過去の記事
08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06 
リンク
このブログ内を検索